2012年05月17日

ダーツの用語

ダーツ用語は様々とありますが、
基本的なものを覚えておくと良いでしょう。

アウトブル(アウターブル、シングルブル)は、
ダーツボードの中心にある二重円(この部分をブルと呼ぶ)の外側のことです。

アウトボードは、
投げたダーツがダーツボードの外に刺さった、
つまり、無得点を意味します。

グルーピングは、
投げたダーツがまとまって同じエリアに刺さることで、
上級者の証です。

ウェット・フィートは、
ダーツをスローイング(投げる)する時に、
スローイングライン(オーキともいう)から足がはみ出してしまう反則です。

シャンハイは、同じエリアのトリプル、ダブル、シングルに
1本ずつダーツを入れることです。
ルールによっては、その瞬間に勝利が確定することもあります。

ハウスダーツは、
店にある貸し出し用のダーツのことで、
ハウストーナメントは、
ダーツバーなどが開催するトーナメントをいいます。

01ゲームで、残り22点のことをスワン・オン・ザ・レイクといったり、
三本のスローで100点以上の得点をあげることをトンというのも、
ダーツならではの表現かもしれません。

posted by ダーツ野郎 at 17:10| ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。